男の人

ラウンダー業務を外部委託するメリットを徹底解剖!

誰でも従事できる

相談

ラウンダーを外注企業に依頼することで、売れる店舗を作り上げてくれます。お客様の視点に近い第三者の視点でアドバイスをくれるので参考になります。会社への調査報告の方法は、その外注企業によって異なるので、事前に確認しておきましょ言う。

見直しと日々の努力

相談

ラウンダーは企業の覆面調査をしたり、商品が売れるように並び替え、接客態度のチェックなどをする職業です。ラウンダーを依頼する場合は電話かネットで申込みをします。見積もりを出してもらい、納得すれば詳細な打ち合わせをして依頼し、料金を支払います。ネット上のサービスを利用したマッチングサイトもあります。

ルートセールスの活用法

ウーマン

ルートセールスといわれるラウンダーは、売上向上のための販売戦略を練るのに必要なスタッフです。第三者目線で販売戦略を練ることができるので、確実で効率のいい販売を行えるようになります。外部業者にラウンダースタッフを派遣してもらい、活用していきましょう。

出来ることは外部に委託

PC操作

見えないコストを削減へ

フィールドマーケティングを行う際に、自分のところで専門の人を雇用するか、外注による導入をするかといったことは迷うところであろう。確かに外部に発注するということは、それなりにコストもかかることとなり、導入をためらう企業も多いと考えられる。そこでなるべくコストを抑えるために、直雇用という選択に至るのであるが、これもなかなかリスクを抱えることではあるのだ。フィールフォマーケティング業務というのは、他の仕事の傍らで出来る事ではない。新規顧客の獲得を目指すには、かなりのノウハウが必要である。ただ単に担当店舗を巡回するだけでは売り上げ貢献にはならないのだ。ラウンダーと呼ばれる人材は、実際の店舗を訪問し、販売状況を把握して、より売り上げが上がるようにアドバイスやサポートを行うことが必要だ。この業務を一人で一日に何件もこなし、店舗先によって提案方法も変えなければならにこの業務は、優秀な人材を確保することと、ラウンダーとしての教育をしていくプロセスに大幅な時間と労力を要するのだ。ラウンダーを一人雇用するのに年間500万かかるとして、それ以外にかかる見えないコストというものは計り知れないともいえる。いかに余分なコストを削減するかが求められている昨今において、外部委託を上手く利用する事は成功に導く一つの手段なのである。外部委託による導入は、即戦力としての期待が高く、新しいキャンペーンの試みにも迅速に対応が出来るメリットがある。ラウンダーを育てる教育は、外部業者が行うために自社が払うコストは発生しない。初めにかかる導入コストと、月々に支払う委託料を合算しても、ラウンダーは専門業者への外部委託の方が値打ちなのだ。今後ビジネスにおいて、分業し外部委託する流れはもっと加速するであろう。すべてを自社で行うことが成功への道とは限らないのだ。